美しく仕上げたいなら

オプション追加も必要

本

同人誌即売会などのイベントで目にする同人誌には、品質の良いものが多くあります。印刷方法やオプションの違いによって、見栄えが大きく変わってきます。印刷会社を通して同人誌を作るのなら、オンデマンド印刷が手頃です。20〜50部のような小部数を刷るのに適しています。同人活動をはじめてすぐの初心者でもわかりやすいように、印刷会社がおすすめの組み合わせをセットで用意している事も多いです。地方などの小さなイベントの参加でも運搬に負担が無く、自宅の保管も場所を取らないので安心です。印刷会社に頼らないコピー本だと、印刷から製本も自分で行うため金銭的な負担も少なく済みます。大規模なイベントに参加し、頒布する部数を多く見積もっているならオフセット印刷を検討しましょう。品質も美しく、大量の印刷なので単価も抑えられます。個人での運搬は大変なので、印刷会社から直接イベントへ搬入するサービスを利用すると便利です。見栄えをとにかく美しく仕上げたいなら、オプションをつける必要があります。PP加工で表紙にツヤを出すのは勿論、一部を箔押しにしたり、ホログラムで華やかに見せたりする事も可能です。その分予算は多めにかかりますが、こだわったデザインで仕上がった時の美しさは段違いになります。同人誌の印刷はただ読めればいいというだけではなく、作り手が何より楽しめるものが好まれます。予算はかかりますが、大切な一冊のために品質にこだわるのも重要です。

少部数の作成は業者に依頼

色見本

趣味で同人誌の製作を考えている方にとって、印刷や製本をどうするかというのは非常に大きな問題となってきます。商業的に考えた場合には、大量に印刷することでコストを下げ、広く流通させることで販路を見出していきます。しかし、自費出版の場合においては、個人で大きな資本で展開することはなかなか難しいことです。そのため、大きなコストをかけて販売することはなく、少部数で自分たちの手で販売することになります。そこで同人誌の印刷や製本を依頼する場合には、小ロットからの印刷が可能であり、コストも比較的安価に抑えることのできる業者を選ぶと良いでしょう。現在では同人誌を専門に扱っているような業者も数多くあるため、少ないページ数で50部程度の少量の印刷から注文が可能です。また、同人誌においてはカラー印刷などこだわりを持った冊子を作成したいという方も多いため、そのような注文にも幅広く対応しているのも特徴としてあげられます。なので、写真などのカラーで印刷したいものであっても非常に綺麗な仕上がりとなります。同人誌を印刷や製本するにあたり、割引などのキャンペーンを行なっているところもあります。キャンペーンの内容としては、初めての注文での割引や注文する内容によってまで様々なものがあります。しかし、業者によって内容が異なることも多いため、依頼する前に内容を確認しておくことが大切です。また、自身が印刷したいものでキャンペーンが行われている業者やタイミングで選ぶと、通常よりも低価格にて商品が完成してくるので、そのような情報も参考にすると良いでしょう。

初めての制作

本を読む人

同人誌の制作における、印刷業者選びについて考えてみましょう。印刷業者選びの際に、最初に気になることといえば、料金面です。最近では、激安をうたう業者が数多く登場していますが、単に安いからといって、安易に飛びつくのは考えものです。まずは料金体系をチェックし、基本料金がいくらなのかを確認しましょう。よく確認しておかないと、自分たちの希望する仕上がりにするためには、追加オプションが必要で、それらを加えたトータルで見た場合、他の業者に依頼したほうが断然安かったということにもなりかねません。2番目のポイントとしては、同人誌専門、もしくは同人誌印刷の経験が豊富な印刷所を選ぶことが挙げられます。特に依頼する側が初めての場合、原稿やデータの漏れ、スケジュールの見通しが甘いなど、入稿に関する不備が起こりやすいものです。その点、同人誌に詳しい印刷業者ならば、ユーザーが間違えやすい点、見落としやすい点をしっかりと把握していますので、最初から丁寧にきめ細かくフォローをしてもらうことができます。最後のポイントとしては、なんといっても、対応の良さが挙げられます。同人誌印刷に限らず、「ユーザーの話をきちんと聞かない」「説明が不十分」といった業者だと、希望通りに仕上がらない可能性が高くなります。このあたりは、電話やメールでの問い合わせの際に、チェックすることをおすすめします。もし様々な条件をクリアしたのであれば、見積もりを行ない依頼をしましょう。イベントなどがあるのであれば、納品スピードのチェックも欠かせません。